結局ヨドバシにあったので、定価でしたが買ってきました。
確認しましたが、ラスト1個だったかもしれません。値札もなぜか手書きだったので、入荷が少ないのかもしれませんね。
棚から取ってもらったら、他にはなさそうな感じでした。

こんな感じの箱に入ってました。
FDA-ME1AM(箱)

箱を開けると、説明書(読んでません)と、アイピースが入っています。

FDA-ME1AM

アイピースの裏側はこんな感じです。(普通のと同じです)

FDA-ME1AM裏側

早速つけてみました。3つの角度から撮ったので、比較できる様につける前と後を乗せて見ます。

まずは真後ろから

標準

FDA-ME1AM+α200

FDA-ME1AM

FDA-ME1AM+α200アイピースカップが少し小さいので、ちょっと寂しい感じがしますね。

次は斜めから

標準

FDA-ME1AM+α200

FDA-ME1AM

FDA-ME1AM+α200

かなる浮いた感じがします。

ファインダー下部のアイスタート様のセンサーはすっかり隠れています。

また、視度調整はすべて丸見えなので、まわしやすいです。(めったにまわしませんが。。)

横から

標準

bef2FDA-ME1AM+α200

FDA-ME1AM

FDA-ME1AM+α200

接眼部がボディーから離れるので、ファインダーを覗いても顔が液晶部分にあまり当たらず、かなり覗きやすいです。

覗いてみた感じは、やはり感動はありませんが、少し大きくなっています。

接写する場合のピントあわせは、数段合わせやすい様に感じます。

細かい模様などがかなり見えやすくなっています。数値的にはα-7Dと同じぐらいになりますが、やはりα-7Dの方が見やすいですね。

α-7Dにつけると、さらにピントが合わせやすい感じがします。

ただ、覗く部分が丸くなっており、四隅が多少けられて見える感じがします。

けられてはいますが、暗く見える程度で見えてはいますし、多少角度を変えればしっかり見えます。

ただ、メガネをかけている人には正直お勧めできない様に思います。さらにけられると思います。

間隔的には、つけた場合とつけない場合は、α300とα200のファインダーを見比べた時に似た感じがします。

正直見比べないと、拡大されている気がしませんが、α200,300,350シリーズで、少しでも大きくみえるのが良いと思われる方や、MFを多用される方にはお勧めできます。

ただ、アイスタートは使えませんので、これをOFFにすると困る方はダメだと思います。

自分は、買った時にいきなりOFFにしてあるので、まったく違和感がありません。(笑)

最後になりましたが、コンパクトデジカメでファインダー内を撮ってみました。

わかりにくいですが、参考になれば幸いです。

とはいえ、参考になるレベルの写真が取れませんでした、どうやれば撮れるのかわかりません(^^;

標準

α200ファインダー

FDA-ME1AMFDA-ME1AM+α200ファインダー

コツとかあったら、教えてもらえるとうれしいです。

自分的には買って良かったです。α200でもマクロ撮影にチャレンジしてみたいと思います。

最後に、Sony Styleで購入は今日も予約できません。(^^;

一応、以下の画像のリンク先から買えるはずなんですが。。

iconicon

タグ: