今日、CANON EOS 5D MarkIIIの製品説明を見ていて、レリーズタイムラグ0.0.59秒は凄いなと思いました。

で、自分のボディーはどうなんだろう?と思いましたので、少し調べてみました。

EOS Kiss X5を買って思うので、撮影時に実影響は無いけど気持ち長い気がします。

でも、気のせいかも?程度です。

 

X5のレリーズタイムラグは?と思って製品仕様のページを確認しましたが、買いてませんでした。

検索してみると、サポートのページで見つけました。(こちら

EOS Kiss X5のレリーズタイムラグは、ファインダー撮影で0.09秒でした。

ライブビュー撮影で0.08秒です。

ライブビュー撮影の方が早いんだ?と少し疑問に思いましたが、冷静に考えるとシャッタを開けたり、レフ板を上げる必要が無いから短くて当然ですよね。

シャッター幕は関係ない?レフ板を持ち上げる時間が0.01秒って事かな?

で、感覚的にα200より少し長い気がしてたので、ホントかな?と調べてみました。

α200は0.085秒でした。0.005秒遅いんですね。

とは言え、この時間が自分で分かるとも思えないので気のせいですね(^^;

 

上記のページからAPS-C機の一覧を以下に貼り付けます。こんな感じです。

左から機種名、通常撮影時のレリーズタイムラグ、ライブビュー撮影時のレリーズタイムラグです。

EOS 60D 約60ms(0.06秒) 約 80ms(0.08秒)
EOS 50D 約 59ms(0.059秒) 約 59ms(0.059秒)
EOS 40D 約 59ms(0.059秒) 約 59ms(0.059秒)
EOS 30D 約 65ms(0.065秒) ×
EOS 20D 約 65ms(0.065秒) ×
EOS 10D 約 90ms(0.09秒) ×
EOS Kiss X5 約 90ms(0.09秒) 約 80ms(0.08秒)
EOS Kiss X4 約 90ms(0.09秒) 約 80ms(0.08秒)
EOS Kiss X3 約 90ms(0.09秒) 約 70ms(0.07秒)
EOS Kiss X2 約 90ms(0.09秒) 約 80ms(0.08秒)
EOS Kiss X50 約 110ms(0.11秒) 約 110ms(0.11秒)

あんまり60Dや50Dは0.06秒付近なので、このあたりがエントリー機との差なのかもしれませんね。

下位機種のX50は0.11秒と少し長めですね。

 

ついでにNIKONのエントリー機も調べてみます。

エントリー機の情報は公式ページにはなさそうなので、こちらのサイトだと。

D5100 約 200ms(0.2秒) 約 500ms(0.5秒)
D3100 約 110ms(0.11秒) 分かりませんでした

 

D3100のライブビュー撮影時のレリーズタイムラグが分かりませんでした。

D5100のレリーズタイムラグの200ミリ秒はちょっと長い気がします。

下位機種のD3100より遅いのはなぜなんでしょうね。

あと、ライブビュー撮影時のレリーズタイムラグはかなり長いですね。コンデジ並な気がします。

他のメーカーも見てみましたが、エントリー機は100ミリ秒付近が多いようです。

自分もカメラの90ミリ秒はエントリー機としては、良い方ですね。

 

 

コメントを残す