EOS Kiss X5、EOS Kiss X50の新ファームウェア公開が公開されました。

それぞれの新ファームウェアのバージョンは以下の通りです。

・EOS Kiss X5がVersion 1.0.2(ファームウェアの詳細(公式)

・EOS Kiss X50がVersion 1.0.5(ファームウェアの詳細(公式)

主な対策項目は以下の通りです。

・カメラにスピードライト 270 EX II を取り付けライブビュー撮影した
場合に、カメラのAFが動作せずにシャッターレリーズ出来ない現象を
修正しました。

・メニュー画面に表示する言語(イタリア語/ポルトガル語)の誤表示を
修正しました。

あまり関係なさそうなファームアップですが、上記は主な対策項目となってます。

それ以外の変更もある事を期待してバージョンアップしてみようと思います。

カメラのファームアップは初めてです。ファームウェア約12MBあります。

手順書を見ましたが、以下の感じです。

1.SDカードのルートディレクトリにファームウェアファイルを保存

2.カメラのモードダイアルをPモードなどの応用撮影ゾーンに設定し電源ON

3.メニューボタンを押して機能設定3の最後にある、ファームウェア項目を選択

4.アップデート画面が表示されるのでOKボタンを選択

EOS Utilityを使ってPCからも出来るようです。

EOS Utilityと言えばX5についてきたCD-ROMは見たこと無いかも。。

便利なのかな?

タグ:

コメントを残す