ソニーのデジタル一眼レフの最新機種が発表されました。

今年の10月14日発売です。ソニーストアでは、メール登録ができ、予約はまだの様です。

機種名はα77 と α65だそうです。(プレスリリースはこちら

高速・高精度なAFが常に作動する独自の“Translucent Mirror Technology”が進化
有効約2430万画素のイメージセンサーによる高精細な静止画を世界最速秒間12コマで連写可能

ずいぶん高画素になりましたね。

あまり詳しくは無いのですが、α77は中級機と言う記載があるので、α700の後継機種なんですね。

「新開発有効約2430万画素 “Exmor” (エクスモア) APS HD CMOSセンサー」なんか良さげですね。

ミラーは投下ミラーだそうです。ファインダーはそうなるかなぁとは思ってましたが、EVFのみとなりOVF(光学ファインダー)はなくなった様です。

光学ファインダーを持つ機種は現行ラインからなくなってしまいましたね。ちょっとさみしい。。

プレスリリースを読んみます。

 

連射はα77が12枚/秒, α65が10枚/秒です。凄い。α200は3枚/秒なのに。。(^^;

AFが19点AFでその内(11点がクロスセンサー)。α65は15点AFセンサー(内3点クロス)。

ファインダーはXGA有機ELだそうで、解像度はα55の10倍の約235.9万ドットも有る様です。

α55のファインダーを見て結構違和感がありましたが、ここまで高解像度だとどうなんでしょうか?覗いてみたい!!コントラストも高い様なので期待できるかも。。

当然視野率100%です。EVFのメリットですね。

ファインダー内に水準器、ヒストグラムが表示されるそうで、これは便利かも。。

背面液晶はα77は3軸チルトとの事なので、好きな方向に向けられそうです。

またα77は防塵防滴だそうです。良いですね。レンズは防塵防滴じゃ無かったような。。

 

動画はフルハイビジョン撮影可能だそうです。

 

凄いですね。

 

その他に、

DT16-50mm F2.8 SSMのレンズ。α77の縦グリ。

新しいフラッシュ(HVL-F43AM)、その他が同時発売です。

 

高速・高精度なAFが常に作動する独自の“Translucent Mirror Technology”が進化
有効約2430万画素のイメージセンサーによる高精細な静止画を世界最速秒間12コマ※1で連写可能

タグ:

コメントを残す