先日、夢の島にある熱帯植物園に行ってきました。

そこでSAL35F18 (DT 35mm F1.8 SAM)で花の写真を少し撮って来ました。

入り口はこんな感じです。

向こう側にある、ガラス張りの施設に熱帯植物が育成されています。

ここの室温の維持にはごみ焼却時に発生した熱を使用しているそうです。(詳細はこちら

何枚か撮ってきましたが、いまひとつ感が。。(^^;

ピントがうまく合っていない気がします。

ただ、このレンズはかなり近づけるので、こういう使い方も十分できそうです。

入っていきなり目の前に、咲いていました。木からぶら下がる形で咲いている花でなかなか面白いです。

次は、あまり自身ありませんがランかな?いつ見ても思いますが、面白い形の花です。

花屋さんで見かけると、高価で買えません。育てるのは難しい様です。

これはなんだろう?菖蒲みたいな感じがします。

最後は、黄色い花です。

バナナとか、マンゴーとか、大き目の木には名札があったのですが花にはあまり名札がなく良く分かりませんでした(^^;

これ以降は、100マクロで撮影したので、明日にします。

タグ: ,

3件のコメント on SAL35F18で花の写真

  1. 匿名 より:

    二枚目は確かに胡蝶蘭系の花っぽいですね。
    3枚目は・・・・カトレア系の花弁と良く似てる気が・・・(笑
    でも、いずれも名前がわかりませ~~~~ん(w
    この中では特に二枚目がいい感じですね^^

  2. mac より:

    書き忘れ・・・・・
    ぼけとしては一枚目は最高ですね!
    二枚目も好きですけど・・・

  3. しげ より:

    macさん
    コメントありがとうございます。
    花の名前、本当に難しいですね。
    1枚目の写真は結構ぼけてますよね。35mmと焦点距離が短いのですが、寄れるのでボケが楽しめそうです。
    2枚目が良いですか?自分もそう思います。(^^;
    こうやって見返すと、被写体を大きく撮ろうとすると、構図を考えずに被写体を真ん中につい持ってきてしまいます。つい。。気を付けようと思います。