時間ができたので、昨日発表されたSonyの一眼レフカメラの「α55」と「α33」の製品説明をよーく見てみました。

ご存知かと思いますが、カメラ関係の知識は、あまりありませんので、その辺りは直感で(笑)

両機種ともに9月10日発売だそうです。以下の機種名のリンクから予約出来ます。

外観から。。

デジタル一眼カメラ“α55”ボディ SLT-A55V
icon

デジタル一眼カメラ“α33”ボディ SLT-A33

icon

外観はほぼ同じですね。

特徴はこんな感じのようです。箇条書きします。

・世界初透過ミラー搭載

・世界最速オートフォーカスが追従する秒間最高10コマの高速連写(α55が10枚/秒、α33が7枚/秒)

・縦方向に3点のクロスセンサーを含む新開発15点オートフォーカスシステム

・“Exmor”(エクスモア) APS HD CMOSセンサー搭載

・AVCHDフルハイビジョンの動画撮影

・液晶ディスプレイに表示するライブビュー撮影

・100%の視野率を実現した電子ビューファインダー“Tru-Finder”搭載

・新アルゴリズムを搭載することで画像処理性能が向上し、高速処理と高画質(高解像、階調表現)を両立

・デジタル水準器搭載

・リアングルチルト可動式 高精細大型液晶モニター

・新開発マルチショットNR(マルチショットノイズリダクション)機能

・オートHDR(オートハイダイナミックレンジ)モード

・手持ち夜景モード

・「スイングパノラマ」機能

・「3Dスイングパノラマ」機能

・世界初GPS機能を内蔵

・AUTO+(オートアドバンス)モード

って感じです。デジタル機器として考えると、凄い機能満載です。

流石ソニー!ってところでしょうか。

ちょっと残念なのが、ファインダーが電子式(液晶)になっている事でしょうか。

そんなにカメラにこだわりがある訳ではありませんが、個人的にはどうしても光学ファインダーが欲しいです。

あと、光学ファインダーがなく、電子式ファインダーは撮影用のセンサー(CMOS)の映像が出るのになんで、ミラーがあるの?と思って良く見てみたら、AF用のセンサーの為にあるんですね。

そりゃそうか。。

ついでに、α55とα33の違いを見てみます。

・画像素子:α55は約1,620万画素、α33が約1,420万画素だそうです。

・連射:α55は約10コマ/秒、α33が7コマ/秒です。

・連続撮影可能枚数(バッファの容量が違う様です。)

α55 ファイン:35枚、スタンダード:39枚、RAW:20枚、RAW+JPEG:20枚

α33 ファイン:16枚、スタンダード:20枚、RAW:7枚、RAW+JPEG:7枚

・再生機能(映像素子の解像度の違いの為でしょうか?)

α55 拡大表示(最大:Lサイズ 11.8倍、Mサイズ 8.8倍、Sサイズ 6倍)

α33 拡大表示(最大:Lサイズ 11.8倍、Mサイズ 8倍、Sサイズ 5.5倍)

・静止画撮影可能枚数(なんで違うんだろう?)

α55 ファインダー使用時:約330枚、LCD使用時:約380枚

α33 ファインダー使用時:約270枚、LCD使用時:約340枚

・質量(なぜかα55の方がちょっぴり軽い。

α55 約441g(本体のみ)

α33 約433g(本体のみ

バッテリーは。。NP-FW50だそうです。NEXと同じバッテリーですね。

ボディー不在で悲しんでたので、嬉しいニュースでした。

非常に魅力的なボディーです。

世界初※1透過ミラー搭載

コメントを残す